コードタクト的リモートワークのススメ

f:id:codetakt:20170831160309p:plain

 

広報担当の田中です。

先生向けイベントや広報イベントに行った際に
「リモートワークで仕事をしています。」と伝えるとかなり驚かれるので、
本日はコードタクトのリモートワークについてお話したいと思います。

 

はじめに

本社は東京・代々木にありますが、このブログは大阪の自宅から書いています。
CTOの石田は沖縄在住で開発をしており、ほかメンバーは大阪や京都、台湾、ベルリンからもジョインしています。

どうしてコードタクトではリモートワークをススメているのか?

朝のラッシュの電車や台風でも通勤するといったことで、人生の大事な時間を使わず、その分自分の人生が豊かになる活動に時間を使いたいという代表の後藤の思いから、「オンラインで繋がっていること」ということをルールとして、働く場所は決められていません。東京のオフィス以外に自宅やコワーキングスペースを使ったりして、場所に縛られること無くどこでも仕事をすることができます。


今回のブログでは、リモートワークをしていることをお伝えした時によく聞かれることをQ&A形式でまとめてみました。

Q:社内の人とのコミュニケーションはどうしていますか?

A:普段Slackなどでコミュニケーションを取っています。リアルなコミュニケーションを取るために、時々合宿など行っています。

●出勤の様子

f:id:codetakt:20170830163756j:plain

出勤日では、今日行うことを書いてSlackでメンバーに共有します。
またそれぞれschoolTaktやその他サービスの部屋で開発や営業などについての話をしたり、個人の分報チャンネルでは雑談をしています。分報チャンネルでは今の状況や困ったことなどを書き込み、それでみんなと盛り上がったり困ったことを解決したりしています。

 

●サポート対応

f:id:codetakt:20170830163633j:plain

先生からのお問い合せがあるとSlack上に通知が出てくるので、その都度対応ができます。

 

●Slackの東京オフィスのチャンネル

f:id:codetakt:20170830163638j:plain

オフィスの模様替えの様子です。
離れていてもSlackで共有することで今どんなことをしているのかなどわかります。

 

●合宿の様子

f:id:codetakt:20170818191406p:plain

今年は6月に沖縄に行きました。
普段顔を合わせないメンバーとコミュニケーションを取る大切な機会です。
今年は写真のようにワークをしたり、ほかにBBQや美ら海水族館に行ったりしました。

 


Q:会議はどのように行っていますか?


A:全社定例などの人数の多い会議は、Zoomなどを使っています。
少し打ち合わせをしたい時はSkypeやSlack Callなどを使っており、直接集まることはせずに会議を行っています。

f:id:codetakt:20170315105255p:plain
会社設立イベントもZoomを使って遠隔で行いました。(今度レポートします!)

 

Q:東京のオフィスに行く頻度はどれぐらいですか?また、お客さまやメディアの人との打ち合わせはどうしていますか?


A:東京のオフィスへ行く日程などは、特に決められていません。(私は前回、1月に行きました。)
お客様とのやり取りなどについてはschoolTaktのチャット機能を使い、先生方とコミュニケーションを取っています。先日はメディアの方と東京オフィスと大阪をSkypeでつなぎ、打ち合わせをさせていただきました。

 

さいごに

こういったようにコードタクトは普段リモートでお仕事をしていますので、
「場所に縛られずいろいろなところで働いてみたい」と思った方へ。

一緒にリモートワークで働く仲間を、株式会社コードタクトでは募集しています!