コードタクト的リモートワークのススメ

f:id:codetakt:20170831160309p:plain

 

広報担当の田中です。

先生向けイベントや広報イベントに行った際に
「リモートワークで仕事をしています。」と伝えるとかなり驚かれるので、
本日はコードタクトのリモートワークについてお話したいと思います。

 

はじめに

本社は東京・代々木にありますが、このブログは大阪の自宅から書いています。
CTOの石田は沖縄在住で開発をしており、ほかメンバーは大阪や京都、台湾、ベルリンからもジョインしています。

どうしてコードタクトではリモートワークをススメているのか?

朝のラッシュの電車や台風でも通勤するといったことで、人生の大事な時間を使わず、その分自分の人生が豊かになる活動に時間を使いたいという代表の後藤の思いから、「オンラインで繋がっていること」ということをルールとして、働く場所は決められていません。東京のオフィス以外に自宅やコワーキングスペースを使ったりして、場所に縛られること無くどこでも仕事をすることができます。


今回のブログでは、リモートワークをしていることをお伝えした時によく聞かれることをQ&A形式でまとめてみました。

Q:社内の人とのコミュニケーションはどうしていますか?

A:普段Slackなどでコミュニケーションを取っています。リアルなコミュニケーションを取るために、時々合宿など行っています。

●出勤の様子

f:id:codetakt:20170830163756j:plain

出勤日では、今日行うことを書いてSlackでメンバーに共有します。
またそれぞれschoolTaktやその他サービスの部屋で開発や営業などについての話をしたり、個人の分報チャンネルでは雑談をしています。分報チャンネルでは今の状況や困ったことなどを書き込み、それでみんなと盛り上がったり困ったことを解決したりしています。

 

●サポート対応

f:id:codetakt:20170830163633j:plain

先生からのお問い合せがあるとSlack上に通知が出てくるので、その都度対応ができます。

 

●Slackの東京オフィスのチャンネル

f:id:codetakt:20170830163638j:plain

オフィスの模様替えの様子です。
離れていてもSlackで共有することで今どんなことをしているのかなどわかります。

 

●合宿の様子

f:id:codetakt:20170818191406p:plain

今年は6月に沖縄に行きました。
普段顔を合わせないメンバーとコミュニケーションを取る大切な機会です。
今年は写真のようにワークをしたり、ほかにBBQや美ら海水族館に行ったりしました。

 


Q:会議はどのように行っていますか?


A:全社定例などの人数の多い会議は、Zoomなどを使っています。
少し打ち合わせをしたい時はSkypeやSlack Callなどを使っており、直接集まることはせずに会議を行っています。

f:id:codetakt:20170315105255p:plain
会社設立イベントもZoomを使って遠隔で行いました。(今度レポートします!)

 

Q:東京のオフィスに行く頻度はどれぐらいですか?また、お客さまやメディアの人との打ち合わせはどうしていますか?


A:東京のオフィスへ行く日程などは、特に決められていません。(私は前回、1月に行きました。)
お客様とのやり取りなどについてはschoolTaktのチャット機能を使い、先生方とコミュニケーションを取っています。先日はメディアの方と東京オフィスと大阪をSkypeでつなぎ、打ち合わせをさせていただきました。

 

さいごに

こういったようにコードタクトは普段リモートでお仕事をしていますので、
「場所に縛られずいろいろなところで働いてみたい」と思った方へ。

一緒にリモートワークで働く仲間を、株式会社コードタクトでは募集しています!

第 8 回教育ITソリューションEXPOに参加しました

2017 年 5 月 17 日(水)〜 19 日(金)、日本最大の教育分野展示会である第 8 回教育ITソリューションEXPO(通称EDIX)が東京ビックサイトで開催されました。同展には 800 の社・団体が出展し、全国から約 30,000 人の教育分野関係者が来場され、弊社コードタクトもNTTグループブース、レノボ・ジャパンブース、ベネッセコーポレーションブースにて授業支援システム schoolTakt(スクールタクト)の説明を行いました。

f:id:codetakt:20170523173036j:plain

f:id:codetakt:20170523172306j:plain

レノボ・ジャパンブースでは、ご来場いただいた方に実際に YOGABOOK を使って schoolTakt を体験していただき、schoolTakt をどのように日々の授業に取り組んでいけるか、先生が抱えている課題を解決できるかなどをご説明しました。

先日発表したプログラミング教育のテンプレートも授業例として紹介し、生徒としての楽しさ、先生としての使いやすさを体感していただきました。

f:id:codetakt:20170523172334j:plain

 

f:id:codetakt:20170523172430j:plain

弊社代表の後藤もレノボ・ジャパンブース、ベネッセコーポレーションブースにて期間中計 4 回の講演を行い、多くのご来場者様に schoolTakt を使ってどのように先生、生徒の学びを変えていけるかを熱弁しました。

f:id:codetakt:20170523172455j:plain

 

f:id:codetakt:20170523172516j:plain

この度お忙しい中ご来場いただきました皆様には心より御礼申し上げます。

次回来年度の第 9 回EDIXを前に、今年度は 11 月 15 日(水)〜 17 日(金)にインテックス大阪で行われる第 1 回関西教育ITソリューションにも出展を予定しております。西日本のみならず、全国から皆様のご来場をお待ちしております。

世界の学校訪問 1 バリ島の「グリーンスクール(Green School)」

f:id:codetakt:20170316143935j:plain

f:id:codetakt:20170316143947j:plain

日本の外に出ると、学校はどのような環境で、どんな教育が行われ、生徒がどんなことを学んでいるのか。 今回第1回目として、インドネシアのバリ島、ウブドにある、世界最先端のエコスクール、「グリーンスクール」に視察に行ってきました。

グリーンスクールとは、バリ島でジュエリービジネスを大成功させたカナダ人のジョン・ハーディが『接続可能な社会を担う、次世代のリーダーを育てる学校』として設立したインターナショナルスクールです。2008年に開講され、開講8年後の今は、3歳から18歳の子供たちが約400人ほど、毎日ここで学んでいます。

ジョン・ハーディのTEDプレゼン、グリーンスクールのコンセプトはこちら。

ジョン・ハーディ:私の夢、「緑の学校」 | TED Talk | TED.com

グリーンスクールの視察は、サイトから直接見学ツアーを申し込むことができます。9:00-10:00の1時間コースで、190,000IDR(日本円で1600円ほど)です。クレジット決済と当日現金支払いが選べます。

Book a Tour - Green School Bali

f:id:codetakt:20170316143959j:plain

f:id:codetakt:20170316144012j:plain

当日は、各国から15名ほどの見学者がおり、ここで2年半ほど働いているカナダ人のエマさんが、学校を案内してくれました。

あいにく生徒の写真撮影は禁止だったので、見聞きしたものをお伝えします。

生徒の様子はこちらの動画から。

https://www.youtube.com/watch?v=BHAtW7OUrDo

ツアー内容

f:id:codetakt:20170316144024j:plain

f:id:codetakt:20170316144036j:plain

グリーンスクールは、ウブドの中にひっそりと佇んでいます。 車でしかたどり着くことはできません。 そこは、ジャングル。 携帯の電波は不安定で、地面は舗装されておらずボコボコのまま。 サンダルでしたが、かなり歩きづらいです。 日本の学校のイメージとはかなりかけ離れた環境です。 虫の声が聞こえます。

f:id:codetakt:20170316144056j:plain

あとで使う素材としての保管庫。 いらないもの、リサイクル品は全てここに持ってくるそうです。

地元のインドネシアの子達はゴミを5kg持参、などといった形で、 奨学金制度として、ゴミをお金として入学できるようにしているそうです。

f:id:codetakt:20170316144116j:plain

メインカンファレンス会場。 ガイド中は、生徒が思いのまま音楽をかけてダンスをしていました。

生徒の傾向は、白人が多い印象でした。 オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、カナダ、南アフリカなど各国から入学に来るそうです。 日本人の留学生もいるそうですが、アジア人は全体的に少ない模様。 授業料が高い理由で、バリのローカルの生徒は8%のようです。

ここに留学させる家族は、子供のためにインドネシアに移る人が多いそうです。 だいたい1年、2年通って自分の国に帰ります。 グリーンスクールのコミュニティーは強く、親も学校に積極的に関わって欲しいと言っていました。 7歳以上の人の寮もありました。

f:id:codetakt:20170316144129j:plain

学校にはバイオバスがあり、生徒はバスを使ってここまで登校します。 登校後朝ご飯はここで買えるそうです。 無論無農薬であろうと思われます。

f:id:codetakt:20170316144153j:plain

f:id:codetakt:20170316144206j:plain

全部で7kmの竹が使われている建物です。 直線が一つもありません。 建築デザイン的にも圧巻です。 当日ここでは、生徒が地面に寝そべったり、画用紙を広げて、思い思いのまま自転車のデッサンの絵を描いていました。 クラスは英語がメインですが、スペイン語、フランス語、インドネシア語も教えているそうです。 ITラボ、図書館もあるそうです。

f:id:codetakt:20170316144217j:plain

黒板、椅子、机、全てが有機的な形に包まれています。 手洗い場もリサイクル品から作られていました。

f:id:codetakt:20170316144229j:plain

鶏小屋。 グリーンスクールのメイン教育トピックは「サスティナビリティー」です。 小さい頃から、動物に触れ、自然を恐れないように教えているそうです。

f:id:codetakt:20170316144255j:plain

堆肥を集めている場所。畑に使うそうです。

f:id:codetakt:20170316144313j:plain

学校には、川もあります。

f:id:codetakt:20170316144327j:plain

畑もあります。

f:id:codetakt:20170316144340j:plain

泥遊び場もあります。

f:id:codetakt:20170316144404j:plain

これはヒンドゥー教の儀式のひとつで、日に3回神様にお供えをするそうです。 神様も飽きないように、と、タバコもお供えしてありました。

f:id:codetakt:20170316144433j:plain

このお花の栽培の下には、魚の池があります。 魚糞が混じった池の水をこのお花やり、糞を土の栄養として無駄なく循環させているそうです。

f:id:codetakt:20170316144451j:plain

f:id:codetakt:20170316144502j:plain

グリーンスクールでは、ヨガのクラスがあります。 体を動かして体験することが重要であり、 全体を見る視点を持つために、スピリチュアルなことも教えているそうです。

この建物にも壁はありません。 たとえ大雨が降っても気にしないそうです。 というのも、人間は常に自然と関わり影響を受けている、というのを肌感じるために、従来の学校のように「外と教室」と環境を分断しないよう、あえてしているそうです。 大雨が降った時にではどうするかなど、いかなる時も柔軟に問題を解決できる人を育てたいとおっしゃっていました。

f:id:codetakt:20170316144511j:plain

グリーンスクールを建てたときに創設者が寄贈したクリスタル。

f:id:codetakt:20170316144519j:plain

グリーンスクールのトイレ。 水で流すのではなく、終わったらバケツの中の土をかけるようになっていました。 これが堆肥になるようです。

f:id:codetakt:20170316144529j:plain

ガイド終了後はバナナケーキとジュースが振舞われました。 バナナケーキがナチュラルな味で美味しかったです。

Q: IT教育ってどんなことやっていますか?(質問してみました)

グリーンスクールでは、グラフィックデザインやビデオアートみたいなことを少し教えるそうです。 あまり今プログラミングは教えていないそうですが、生徒が選択してやりたければ、学校はそれをサポートするそうです。

感想

生徒にとっての理想郷

グリーンスクールに実際訪れてみて、子供時代に思い描くような理想の学校だと思いました。学校自体がアスレチック場のようで、泥遊びも、川遊びも、虫取りも、サッカーもなんでもできます。また教科書をただ読むのではなく、大自然の中、自分の興味の赴くまま学習内容を選び学べるので、吸収力が違うだろうなと思いました。こんな場所で幼少期に体を動かし学んでいれば、とてつもない感性が磨かれるでしょう。

生徒もみんな笑顔でいっぱいで、イヤイヤ何かを強要されてやっている姿はなく、自主的に学んでいる印象でした。おそらく学校に行くのもイヤにならないでしょう。そして、生徒がそれぞれ違う国の中で学ぶのも、コミュニケーションスキル、相互文化の理解が磨かれるだろうと思いました。変化の激しい時代に対応するとか、心を自分で満たすとか、タフに人生を生きていくことって、実は、日本の学校で学んでいなかったことが結構あると思いますが、自然の中でどっぷり生活し揉まれることで、グリーンスクールではそれらをなんとなく学べるのではと思いました。

高い授業料とビザという壁

ただ、この学校の影としては、地元の子がここで自然と共存する術を学び、国を活性化させることができれば理想ですが、実際授業料が高いために、お金のある白人の子供しかなかなかこれないという現状があります。そして、家族ごとインドネシアに移住しないと、ここで教育を受けられないのもネックです。仕事を辞めて、子供のために移住するという決断はなかなか難しいでしょう。

また、昔は先生ももっと開かれていたようで、インターンプログラムなど結構あったようですが、インドネシア政府が外国人の受け入れやビザを渋るようになったため、今は簡単にインターンができない、グリーンスクールの先生になるのが大変になってしまった模様です。ただ、学生で、大学に所属し、グリーンスクールの教育を学ぶために、というルートならインターン受け入れられやすい、とおっしゃっていました。

いい教育を受けるためにお金が必要なのは難しい問題ですが、ここで学んだ子たちがこれからどのように世界で活躍していくのか楽しみだと感じました。

SXSWedu セッションなど

無事に、SXSedu終了致しました!詳細なレポートは、後日掲載致します!

セミナーや、SXSW開催中のオースティンの街並みなどをお伝えします♪

  

f:id:codetakt:20170314190547j:plain

データ活用のセッション中

 

f:id:codetakt:20170314190601j:plain

参加者も質問ができたり、投票ができるシステムを使ってます。

 

f:id:codetakt:20170314190611j:plain

PBL(Project Based Learning)についてみんなで議論するセッション

 

 

f:id:codetakt:20170314190621j:plain

f:id:codetakt:20170314190639j:plain

3日のお昼ごはん、ヒョンジュンが送ってくれましたが、ボリュームあって美味しそう♡

 

f:id:codetakt:20170314190651j:plain

こちらは、晩御飯のナチョスとタコス!

 

10日

ランチのTexas BBQ!!

f:id:codetakt:20170314190713j:plain

 

f:id:codetakt:20170314190748j:plain

SXSWeduのイベント会場外観

 

f:id:codetakt:20170314190800j:plain

ジョン・マエダ氏のセッションです。

 

f:id:codetakt:20170314190811j:plain

ヒョンジュンの頼んだジンジャエールが、氷ばかりでした・・・。

 

f:id:codetakt:20170314190819j:plain

最終日のホテル

 

f:id:codetakt:20170314190834j:plain

会場の3階より撮影

 

f:id:codetakt:20170314190841j:plain

オースティンの街並み

 

f:id:codetakt:20170314190855j:plain

f:id:codetakt:20170314190909j:plain

最後に3人で!

 

本当にお疲れ様でした!

 

レポートは、また後日アップロード致します。

SXSWedu2日目!

SXSWedu2日目(3/8日分)のレポートです。

 

今日も笑顔で頑張ります!と下記写真が送られてきました!

f:id:codetakt:20170308192850j:plain

(実は撮りなおししたそう)

 

本日もたくさんのお客様がブースに足を運んでいただきました!

f:id:codetakt:20170308192824j:plain

f:id:codetakt:20170308192751j:plain

f:id:codetakt:20170308192721j:plain

f:id:codetakt:20170308192637j:plain

f:id:codetakt:20170308192611j:plain

f:id:codetakt:20170308192540j:plain

f:id:codetakt:20170308192311j:plain

 

 

ランチは、インゲンとバーガー

f:id:codetakt:20170308192237j:plain

 

ディナーは、 タコス&チキンウィング

これが社内でのslackで投稿された時は、「美味しそう」の書き込みが!

 

f:id:codetakt:20170308192211j:plain

f:id:codetakt:20170308192133j:plain

 

明日もどんどん公開していきます!

SXSWedu1日目!

現在、代表の後藤はアメリカのテキサス州オースティンにおります。

世界的な教育イベントSXSWeduに、コードタクトが出展しているためです!

(私は日本でお留守番)

f:id:codetakt:20170307144539j:plain

 

SXSWeduとは・・・?

SXSWは、毎年3月にアメリカのテキサス州オースティンで「Music」「Film」「Interactive」の3つのテーマがメインの巨大なイベントで、SXSWeduは教育をテーマにしているイベントです。

世界中から1万人近くの教育系ベンチャーや教育関係者や学生が集まり、コードタクトは2016年から出展しております。

f:id:codetakt:20170307144401j:plain

後藤が説明をしております!

f:id:codetakt:20170307144422j:plain

COOの吉野が実際にデモを行っております。

f:id:codetakt:20170307143803j:plain

4ヶ国語話すことができるヒョンジュンが、お客様に説明をしております。

 

f:id:codetakt:20170307144455j:plain

f:id:codetakt:20170307144514j:plain

 

f:id:codetakt:20170307144558j:plain

 

 

本日はブースの説明をメインにご紹介しました!

また明日以降も、ブログアップしていきます♪

はじめまして

みなさんこんにちは!
本日からコードタクト社員(主に広報担当たなか)による、 『codeTakt staff blog(仮)』をはじめます!
このブログでは
・代表の後藤の指揮を行うオーケストラ情報
・CTOの石田の作品紹介
などをはじめ、
社内の様子や、社内イベントの様子などコードタクトで起きている日常を随時更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします!